公案

ZEN~悟後の修行「ゴチン」と一発~

こんにちは。和尚です。

人間誰でも道を究め、その世界に人生を捧げた後、どう生きていけばよいか、となるわけです。

これはお坊さんの世界で言えば「悟り」となるわけですが、そんなものは一般でも言えるわけであって、その道で究めた人などはたくさんおられます。

その昔、あるマラソン選手。事あるごとに「マラソンに例えると・・・」と、なんでもマラソンで表現している方がいらっしゃいました。

つまり「その道」で究めた人は、その道ですべて整っていなければならない。あれこれと他のところから引用するようでは、その道を究めたということにはならない。

ここが禅でいう、「法に落とし込んだ」という部分であります。

さてきょうはその禅~ZEN~の名僧のお話。

お数珠のお話こんにちは。和尚です。 仏事によく使われている法具、その名も「数珠」。 和尚さんたちが使用する長いものもあれば、一般の方々が...

関山和尚

鎌倉時代、武士の台頭もあって「禅」は時代のニューウェーブとして流行し、全国の武士たちはこぞってこの禅の思想を矜持として生きていました。

そんな武士たちは、自分の死生観を禅に託し、名僧たちのもとへ出向くことによって己の生き方を肯定していたのだろうと思われます。

京都の西にある臨済宗の本山「妙心寺」

開山(お寺を開かれたお坊さん)は関山慧玄(かんざんえげん)。この鎌倉時代末期から活躍した名僧の一人であります。日本臨済宗はすべてこのお坊さんの流れを引いており、今日があるのです。

とても厳しい指導で、形式にこだわらない禅風であったそう。

そんな関山禅師、当時の天皇から勅命が下り、妙心寺の住職となるお話。

悟後の修行

時は南北朝時代。印可(悟りの証明)をもらった関山禅師は、一人岐阜の伊深の山奥にいた。悟った後の修行、つまり「悟後の修行」である。

とびだしおやじ
とびだしおやじ
オメー、どっから来た坊主だ?
雲水くん
雲水くん
はい、京都からです。何分右も左もわからない者ですが、どーぞよろしくお願いします。
とびだしおやじ
とびだしおやじ
おーそーか。しっかっしきたねーナリだなー・・・。おっかん、風呂用意してやれ。

わかんねーことあったら何でも言えよ。教えてやっから。

雲水くん
雲水くん
ありがとうございます。ではよろしくお願いします。

関山はこの夫婦にいろいろと世話になりながら禅の生活をしていくのである。

とびだしおやじ
とびだしおやじ
何やってんだ!オメーはのこぎりの使い方もわかんねーのか!

このまえは肥汲みもろくにできねーし、まったく使えねーやつだなー!

雲水くん
雲水くん
スイマセン><

(いつも口は悪いけど、心はやさしいんだよなー、このオヤジ)

オバチャン
オバチャン
あんたらご飯できたよ!
雲水くん
雲水くん
おばちゃんいつもありがとうございます。

こうして数年間、だれにも自分の素性を明かすことなく生活するのであった。そしてついにその日が来る・・・

オバチャン
オバチャン
あんた!なんか京都から天皇様のお使いの人が来てるよ!
雲水くん
雲水くん
・・・、そうですか・・・、話を聞いてきます・・・
おやじ
おやじ
おい、あの坊主、本当は何者なんだ・・・?

それは関山が天皇の命により、妙心寺の住職となる話であった。今まで返答を渋っておったが、こんな田舎まで使いが来た。やむを得ず、ついに山を下りることを決心するのである。

雲水くん
雲水くん
今まで大変お世話になりました。この御恩は忘れません。
おやじ
おやじ
オメー、そんな立派な和尚だったとはなー。仕事も使えねーヤツだったが、離れるとなると寂しいもんだぜ。

おい、なんか俺たち2人に言葉を残していってくれねーか?

雲水くん
雲水くん
わかりました。ではこっちへ2人来てください。

こういって夫婦のおでことおでこを「ゴチン!」とやりました。

おやじ
おやじ
イででで!なにしやがる!
雲水くん
雲水くん
いいですか?どんなときでもこれを大事にしてください^^
オバチャン
オバチャン
目から火が出た!でもこれが禅てやつなんだね~;;

こうして関山は山を後にし、亡くなるまでこの禅風を伝えていかれたのである。

 

禅は「不立文字」

文字面で惑わされない。心から響いたものを持ってこなければならないし、それを常に磨いていかなければならない。

これが関山悟後のお話であります。いかがでしょうか?皆さんにある道を見つけ、人生を整えられますよう応援しております。