日常

ガタピシ!

こんにちは。和尚です。

「うちの玄関戸はガタピシ建付けが悪くって…」

どんなお家にいても、このようなふすまや戸などはありませんか?

「ガタガタピシピシ」ときしむ音を立てて、エイッ!と掛け声してからやっと閉まる。

この音からきている言葉とお思いでしょうが、実はこれ、仏教用語なんです!

「喝」にまつわるエピソード~あなたはどの喝を吐かれたのか~こんにちは。和尚です。 前回は「喝」には4種類あるというお話をいたしました。 そこで今回はその喝にまつわる有名なエピソードを...

我他彼此

漢字で「我他彼此」(がたぴし)と書きます。

「我=己」「他=他人」「彼=かれ」「此=これ」

どれも対する文字となっていますよね。

「彼岸」ご説明にもこの「彼、此」という世界を表しています。

お彼岸~禅の目からみる彼岸~こんにちは。和尚です。 日本人は先祖供養をする期間を大切にしています。今回はそのうちの一つ、「お彼岸」についてお話いたします。 ...

例えると、「あの人はブランドのバッグを持っているから、私も違うブランドでもっと良いバッグを買っちゃおう!」という心。

他人と比べて自分をより良く見せる。そこに対立が生まれ、いつの間にか渇望の世界に迷い込む。

のどの渇きも一緒で、砂糖ばかりの甘くコクのあるジュースを飲むと、そのくどさに更にのどが渇く。さらにそんなジュースを飲み続け、潤そうとする。しかしどんどんと渇きは増すばかり。

結果、体には悪い影響となってしまう。

人間無意識にこのようにいろんなものを分けてを見ています。そこには他者との対立の世界。

禅ではこの分けている世界を一つにする。言行一致を体と心に沁みこませていくのです。

坐禅は自分と外の世界の一体化。

禅問答は言葉と世界の一体化。

入り道は色々とありますが、それがストンと心に落ちることにより、区別がなくなるのです。

まずはガタピシ音のする戸を直して、心も気持ちも晴れやかに、スッキリとさせてみましょう。